乳酸菌の効果

会議

乳酸菌を摂取することで、体にどのような効果が現れるのでしょうか。

乳酸菌について詳しくない方でもヨーグルトやチーズ、牛乳などを摂取すればお腹の調子を整える整腸作用があるということはご存知かと思います。

しかし、乳酸菌を摂取することで得られる効果はそれだけではありません。

もともと人間の体には善玉菌と悪玉菌というものが存在し、胃の調子や腸の調子が悪いときは、この悪玉菌が多く発生している状況になっています。

悪玉菌を抑えるには善玉菌を増やし、腸内細菌のバランスを正常化に戻す必要があります。

悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことで有害物質の発症を防ぎ下痢や便秘、胃痛などを防ぐ効果があります。

そして、乳酸菌の中には胃酸に負けずに腸にとどまる植物性のLGG菌というものが存在し、免疫作用を高める効果があります。

免疫作用が高まると風邪を引きにくくなったり、アトピー性皮膚炎の発症を防いだり、また冬場の季節の花粉症対策としても有効です。

LGG乳酸菌にはウイルスの数を減少させたという報告もあり、感染予防や風邪対策に非常に期待が持てる成分となっています。

このように乳酸菌を摂取することで外的要因からウイルスの発症を防ぐ効果が期待できます。

人間の体には「T細胞」と呼ばれる免疫効果のある細胞が存在します。

そのT細胞の中でも、Th1細胞とTh2細胞の2つが存在し、この2つがバランスを正常に保つことで、アレルギーの引き起こしや、ウイルス感染から守る効果があります。

乳酸菌の摂取することで、この2つのバランスを整え、アレルギー症状を生まれにくくする効果が期待できます。

例えば、鼻づまりやくしゃみというのはアレルギー反応の代表的なものですが、乳酸菌を摂取することで、アレルギーの侵入を防ぎ、炎症物質を妨げる効果が期待できます。

乳酸菌は単純にお腹の調子を整えるということのみがピックアップされがちですが、免疫効果を高める作用があるということもわかっています。

引用サイト:善玉菌サプリ専門店おなかマート