乳酸菌とアレルギーの関係

アレルギーの女性

乳酸菌を摂取することで、アレルギー対策として有効な働きが期待できます。

具体的にどのような効果が期待できるかというと、アトピー性皮膚炎、花粉症対策、ハウスダストなどに効果があると言われています。

乳酸菌の検証をしている団体がアトピー性皮膚炎の子供を対象に、乳酸菌を摂取する実験を行ったところ、皮膚の症状や痒みが改善されたという意見が数多く出て、その効果を実証したという報告もあります。

アトピー性皮膚炎の子供が塗り薬や飲み薬を摂取する回数が減ったという意見もあるぐらいなので、薬にも負けない効果が乳酸菌にはあるということが判明しています。

では乳酸菌のどのような成分が、そういったアレルギーを抑制する効果があるのでしょうか。

もう少し詳しく検証していきましょう。

元々アレルギーを引き起こす原因はアレルゲンと呼ばれる物質が影響を受けています。

例えば、アレルゲンが体の中に入ってしまうと、くしゃみや咳などのアレルギー反応を起こしてしまいます。

それを阻止するには体の中に抗体を作る必要があります。

抗体を作るには乳酸菌に含まれるビフィズス菌やラクトバチルス菌などの菌を体内に取り入れることが有効とされています。

このような菌を体内に取り入れることで免疫作用を助長させてアレルギーを抑制する効果が期待できます。

乳酸菌に含まれる菌が腸に届くと腸の粘膜が刺激されて、リンパ球を活性化させてくれます。

リンパ球は免疫力を高める大きな役割を担っていて、ウィルスや細菌などの感染を防ぐ効果があります。

それによってアレルギー反応となる菌にブロックをしてくれる役割があるということです。

例えば、血液検査でリンパ球の値が低いと免疫効果も下がり、感染症やアレルギー反応が出やすい体質になっています。

乳酸菌に含まれる菌はリンパ球を刺激して、抗ウィルスや抗炎症作用を高めてくれるのでアレルギー対策にピッタリの成分というわけです。

アレルギー反応が出やすい方は乳酸菌を多く含んだ発酵食品を意識的に摂取することで免疫効果も高まるでしょう。