細菌についての基礎知識

女医

細菌には、人間に良い影響を与える菌と悪い影響を与える菌が存在します。

まず、人間にとって良い菌の代表的な存在と言えば、ビフィズス菌、納豆菌などが有名で、皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

それぞれヨーグルトや納豆に含まれている菌です。菌とはいえ、すべてが悪性のものというわけではありません。ビフィズス菌には腸内の弱酸性を保って整腸作用が期待できます。

一方、納豆菌は酵素を生み出し、消化を良くしてくれます。下痢や便秘などお腹の調子が悪いという方に大変効果的な菌といえるでしょう。

逆に人間にとって悪影響を与える菌も存在します。

有名なところではピロリ菌が挙げられます。

ピロリ菌は胃の粘膜に現れ、胃炎など引き起こしてしまう怖い細菌です。

ピロリ菌は生水や食事によって感染する可能性があると指摘されていますが、衛生管理の整った現代社会では、そのようなケースは非常に少なくなっていますが、日本以外の整備が行き届いていない環境で食事や水道水を飲むと感染してしまうというケースもあります。

また元々人間の体に常に存在する菌というのも存在します。有名なところでは大腸菌やブドウ球菌です。

大腸菌は腸に微量だけ常に体にあるので、それだけでは体に影響はないのですが、腸以外の臓器に侵入してしまうと重篤な病気を招いてしまう可能性もあります。

通常は便と一緒に大腸菌も排出されるので、体内に溜まりすぎるということはありません。

そして、もう一つ体内に共生している菌がブドウ球菌です。

この菌も常に体の中に存在していて、決して悪い菌ではありません。

ブドウ球菌には病原体を抑制する効果もあるので、むしろ常に体の中になくてはならない存在です。

ただし、ブドウ球菌自体は人体に悪影響を及ぼしませんが、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌の場合は食中毒などが影響で発症され、感染症を引き起こしてしまう可能性があります。

このように人間にとって良い菌、悪い菌、そして共生している菌など様々な菌が存在します。