腸内環境の悪化原因

悩む女性

人間の体は悪玉菌が1割程度の一定量に保たれています。

しかし、この悪玉菌が増殖してしまうと体の中に毒素を発症してしまいます。毒素がたまるとアンモニアを発症するので、おなら、体臭、口臭の匂いが強烈になってしまうということが起こります。

毒素を外に吐き出すという意味で匂いが外に出るだけならまだ良いのですが、さらに悪玉菌が溜まってしまうと体の免疫力が落ちて、様々な病気を引き起こしてしまいます。

もっとも影響が出やすいのが胃の異変です。胃炎や腹痛、下痢、便秘の症状を招いてしまいます。

日本人は比較的乳酸菌を多取る人種なので、善玉菌を増やして悪玉菌を減らす食生活をしているといわれていますが、それでも、悪玉菌が増殖しこのような病気を招いてしまうケースもよくあることです。

中でも危険な悪玉菌がウェルシュ菌と呼ばれるもので、炎症や発がん性物質を発症させる有害な菌として存在します。消化機能や病気への抵抗力を弱めてしまいますので、このような悪玉菌を増殖させないことが重要です。

悪玉菌を増やしてしまうと腸内に腐敗が起こり、腸だけでは無く、胃や肝臓などの機能低下させてしまう恐れがあります。

また、最悪の場合、癌などを発症してしまうケースがあり、悪玉菌の酵素によって発症する病気は、計り知れないものがあります。

改善するには、悪玉菌を減らすというよりも善玉菌を多く含んだ食事を摂取して善玉菌と悪玉菌のバランスを正常なものに戻すことが重要です。

悪玉菌は食生活の乱れや精神バランスが不安定になり、自律神経が乱れると増えると言われています。

抗生物質を摂取することで、悪玉菌を減らすという方法もありますが、日常生活においては、意識的に善玉菌を摂取することで、オリゴ糖の量が体内に増加し、消化器官の正常化に戻すことが出来ます。

悪玉菌を増やさないようにするには、出来るだけインスタント食品やコンビニ弁当などの栄養バランスが取れていないものを避け、乳酸菌を多く含む味噌や醤油などの豆製品を中心に摂取すると良いでしょう。