善玉菌の増やし方

食事

善玉菌を増やすには食生活の改善が最も重要です。

食生活で栄養バランスが崩れたり、乳製品を含む食品を定期的に取らないと体内のオリゴ糖が不足し、善玉菌を減らしてしまいます。

善玉菌を増やすには、乳酸菌に含まれるビフィズス菌を多く含んだものが有効です。

具体的にはヨーグルトやチーズ、漬物などがあります。しかし何といっても吸収率が高く、摂取が簡単なものといえば牛乳、醤油、味噌の3つです。

牛乳は動物性乳酸菌、醤油と味噌は植物性乳酸菌に該当します。乳酸菌は体内に糖を発酵して菌を生成してくれます。

植物性の乳酸菌は腸でも生き続けますが、動物性乳酸菌は腸では死滅してしまいます。

ただ、死滅した後も腸に残り続け、乳酸などの有機酸を作り出してくれるので、整腸作用に非常に効果があります。

善玉菌を多く含んだ食事を摂取しつつ、悪玉菌の抑制効果のある食品を摂取すると、さらに効果があるでしょう。

その代表的なものといえば、納豆が挙げられます。

納豆には納豆菌と呼ばれる悪玉菌を抑制する作用があり、善玉菌の増加に大いに役立ててくれる食品です。

また、善玉菌を効率的に増やすにはオリゴ糖摂取すると良いでしょう。

善玉菌はオリゴ糖を栄養源としてさらに増える作用があります。

乳酸菌を摂取している善玉菌を腸内に送っても、それがすぐに糞となって体外に排出されてしまっては効果も半減です。

栄養分を腸内に長期的に維持することで、善玉菌を増やすことができます。

ではオリゴ糖を体内に取り入れるには何が良いかというと、普段食卓に出るようなネギやアスパラガス、大豆、バナナ、蜂蜜、ごぼう、ニンニクなどにも含まれています。

正確に言うと大豆は大豆オリゴ糖と呼ばれ、アスパラガスやごぼうなどはフラクトオリゴ糖と呼ばれます。

ただどちらもオリゴ糖の成分には変わりありません。

オリゴ糖は食事でも摂取することが可能ですが、多くの含有量を含んだ食材は少ないので、サプリメントなどを併用しても良いでしょう。

オリゴ糖の摂取と乳酸菌の摂取を併用し、定期的に行えば善玉菌を増やす効果が期待できます。