腸内環境

乳酸菌と腸内環境の関係

人間の体には、多種多様な腸内細菌が存在しています。そして不要とされた死骸の細菌が糞や尿となって排泄されると言われています。

特に人間の体の中で、細菌が多く生成されているのが腸内です。

多くの細菌が集結していて、そのグループを腸内フローラ又は腸内細菌層と呼んでいます。

腸内の様子

人間の体は全て良い細菌だけで生成されているわけではありません。中には発ガン性物質のあるものや疾患、アレルギーを生み出してしまうものも存在します。

できるだけ、この悪い細菌を抑制するために免疫効果のある食べ物やサプリメントを補給することで、腸内バランスを整え、免疫作用を維持することが必要となってきます。

代表的なものとして乳酸菌を摂取は欠かせません。乳酸菌を摂取することで体内にある善玉菌を増やし、腸内の腐敗物質を減らす効果が期待できます。

腸内フローラのバランスを整えることで、あらゆるアレルギーや病気を防ぐ効果が期待できます。

このバランスが崩れると下痢やインフルエンザなどの感染症、アレルギー発症などを招いてしまう危険性が高まります。

また最近では腸内フローラのバランスが崩れると、糖尿病になる可能性も高まると指摘されています。

腸内フローラが崩れた影響で、本来は腸内細菌として存在するものが血液中まで流れて検出されるケースが出ています。

腸内フローラを正常に保つためには、乳酸菌の定期的な摂取と脂肪の多い食品をできるだけ控えるということです。

乳酸菌はヨーグルトや牛乳でももちろん摂取が可能ですが、日本人が多く食する日本酒や味噌、漬け物などにも多く含まれていますので、無理なく摂取することができるでしょう。

悪玉菌というのは、体の中に全く無くなるというものではないのですが、体内の中でほんの数パーセントの割合だけが生存するという状況にしておくことが、体のバランスを維持しておくのに重要なこととなります。

胃の調子を整えるだけでなく、感染防御としても腸内フローラの正常化は欠かせません。