乳酸菌の種類

細菌の研究

乳酸菌と言って真っ先に思い浮かべるものはヨーグルトやチーズ、牛乳などの乳製品ではないでしょうか。

これらは乳酸菌の中でも動物性乳酸菌と言われていて、乳糖を多く含んでいます。動物性というだけあって、牛の乳から醗酵させたものが多いということが分かりますね。

一方で味噌や醤油、たくあんやキムチなどに含まれているのが植物性乳酸菌です。

乳酸菌というと乳製品にしか含まれていないようなイメージがありますが、日本の食卓にも広く使われている食材にも多く乳酸菌が含まれています。

味噌や醤油などは頻繁に使う家庭が多いでしょうから、実は日本人というのは発酵食品が身近にあって、植物性乳酸菌を摂取しやすい環境が整っていると言えます。

乳酸菌を摂取して体内をめぐり、腸に届くと善玉菌を増やしてくれます。

善玉菌というのは、ビフィズス菌のことでヨーグルトなどを摂取するときに「ビフィズス菌を増やせる」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

ビフィズス菌が増えると大腸にある悪玉菌を抑える効果があり、腸内の機能を安定化させてくれる働きがあります。

これがヨーグルトなどの乳酸菌を摂取すると、お腹の調子が良くなると言われる所以ですね。

下痢や便秘などを起こしにくくして、消化を良くしてくれます。整腸作用があるのでお腹が弱い人にとっては欠かせない成分です。

乳酸菌には、このように植物性や動物性など様々な種類が存在し、摂取した後に腸まで届くものと、その前に死滅してしまうものがあります。

植物性乳酸菌の方は胃酸があっても消滅することなく胃を経由して腸内まで行き届く成分となっています。

一方、動物性乳酸菌は他の細菌と共存することができないため、腸内に到達するまでに死滅する成分となっています。

腸内に到達するまでに死滅してしまうのなら、ヨーグルトやチーズなどを摂取しても意味がないのでは、と考える方がいるかもしれませんが、死滅した後も腸内に菌が残り、免疫作用を高めお腹の調子を整える効果があります。

つまり、動物性と植物性の乳酸菌は両方欠かせない存在というわけです。